神戸発 旅~旅未満

神戸から旅、もしくは旅の様な近場へのお出かけをブログにします

坂越へ牡蠣を買いに…

 

冬→牡蠣→坂越

 

と言う図式が成立して、結構時が経ちました。

兵庫県の西方には、牡蠣の漁場がいくつかあります。

 

室津・相生・坂越・日生

 

シーズンに4回ほど、この地区へ牡蠣を買いに遠征してましたので

結構、全部の牡蠣を食べてます。

 

室津は…相生は…

などと、味を語ることはしませんが、

個人的には坂越の牡蠣が、一番好みに合うかなと思ってます。

 

今シーズン、12月中に一度行く予定にしていたのですが、

なんと、貝毒が出たらしく、出荷停止…😢

 

と言う訳で、昨日行ってまいりました。

 

行きは、六甲山を超え、六甲北有料道から

山陽自動車道を利用し、龍野西で降りる全行程でも

100㎞ちょっと2時間ほどのの移動です。

 

が、軽いアクシデント(笑)

いつも高速を龍野で降りて、相生の方からまわるのですが、

いかんせん、その道がそこそこ狭い。

 

ちょっとすれ違いに気を遣う場所もあったりするので、

前来た時に、この道ではなく、少し行き過ぎてから南に曲がった方が

運転は楽やな~みたいな話をしてましてね。

 

一般道で走るはずが、高速道を走ってしまい。

 

赤穂インターまで10km以上行き過ぎてしまいました(笑)

 

ま、それでも20分ほどのロスでしょう。

無事に到着しました。

 

f:id:trinity_2020:20210116192052j:plain

牡蠣小屋

実は、こちらにはあまり用事がありません。

ここでは食べませんから…。

 

f:id:trinity_2020:20210116192201j:plain

こんな海を見ながら

f:id:trinity_2020:20210116192230j:plain

牡蠣の殻がベルトコンベアに乗ってます



こちらがメイン

 

f:id:trinity_2020:20210116192327j:plain

販売所

 

色々なお店がありますが、私たちはいつも買ってる

功結水産さん

にお世話になっております。

 

さて、お土産の牡蠣も買ったし

かーえろっと。

 

あ、帰り道の相生に

 

ぺーロン城

 

www.peironjo.jp

 

って言う場所があります。

 

日帰り入浴できたり、地域の野菜が買えたり、

もちろんこの時期は牡蠣も変えます。

 

私はいつもここで

牡蠣ポンを買います。

 

なんと、賞味期限が近かったやつ、激安の

150円

で販売してました(笑)

 

兵庫県 柏原 和さびさん(蕎麦)

2020 阪九フェリー ロイヤルルームで行く九州の旅

 

で、少しやり切った感がある(笑)

ただ、休みにぼーっとしててもしょうがないので、

今回は、兵庫県の中部あたりにお出かけします。

 

今回の目的地は

柏原市のわさびさん(お蕎麦屋さん)

薬師温泉 今田の湯(温泉屋さん)

 

ダイエット中とかで、朝ごはんを控えている相方

昼にはちゃんと時間通りに食べないと

腹が減って充電切れになりそうなので、

お昼にINできる時間に家を出ます。

 

六甲山を超え、六甲北有料道路-中国道-舞鶴

丹南篠山口で高速を降りて176号線を北上

 

高速出口から、約30分の距離です。

実はもう少し先の氷上インターからの方が近いのですが、

時間的には微妙かな…。

 

f:id:trinity_2020:20201201161644j:plain

とーちゃく

 

もう、何度目の訪問になろうかと考えてみても、分からん…

忘備録として、このブログを作ったのもそのせいですねん。

 

さて、お昼のランチは大きく3つ

花ランチ 2000円

先付 前菜 鯖寿司 蕎麦 デザート

竹ランチ 2750円

先付 前菜 天婦羅 鯖寿司 蕎麦 デザート

和さびランチ 3300円

先付 前菜 お造り 天婦羅 蕎麦 デザート

 

一番最初に訪問した時、竹ランチにしたんですが、

お蕎麦にたどり着くころに満腹…

お蕎麦が美味しく頂けなかったので、うちはいつも

花ランチを頂いてます。

決して、750円が出せないわけではありません。念のため(笑)

 

さて、本日も花ランチをオーダー。

少し前までは、1800円だったんです。

値上げするときに、とても申し訳なさそうに

2000円になるんです…と言われてしまいましたが、

全く構いません。

 

正直、このクオリティーを神戸で出したら、

もう1000円高くても、お客さん付くでしょうね。

 

f:id:trinity_2020:20201201163006j:plain

前菜9種と蕎麦豆腐(そばつゆで)

おお、左上の酢の物が、ニンジンのシリシリみたいなものからモズクに変わってる!

 

f:id:trinity_2020:20201201163432j:plain

絶妙な締め具合の鯖寿司

f:id:trinity_2020:20201201163513j:plain

多分メイン料理のお蕎麦


今回は、北海道の新そばでした。

 

 

f:id:trinity_2020:20201201163554j:plain

デザートの蕎麦アイス&蕎麦ボーロ

 

お腹一杯です。

ごちそうさまでした。

 

ここで、ちょっと愚痴

蕎麦やで、そばつゆに、ワサビと刻みのネギを全部入れて

食べてる人いるけど、ワサビは揮発性だから、溶かしちゃうと

ほとんど味がしません。

味がしたとしても、こういう香りの良い蕎麦を食べるのに

ワサビ邪魔だし、ネギなんか入れたら、ネギの味で蕎麦の

鼻に抜ける香りがまーったく感じなくなるよね。

 

なんか、薬味ぜんぶぶっこんで、

『美味しい蕎麦やね~』とか言ってる奴の気がしれん。

 

いやいや、失礼。

人のことなんぞどうでも良いんだが、作り手に敬意を払わんとね。

実は、僕は写真を撮るのが苦手で。

その理由に、出されたものは早く食べるのが礼儀だと考えてるから。

 

あーだこーだ言って、写真を撮るのが申し訳ないと思ってしまうんよね。

 

 

あ”、脱線しました。

 

ここから、何故か北上してみようかと言う事になり

 

ここまで、舞鶴若狭自動車道を走ってみました。

 

www.wakasa-fishermans.com

 

実は鯖街道のスタートである小浜で売っている鯖寿司は

ぜんぶ焼き鯖寿司なんですよね。

どちらかというと、しめ鯖が好きですが、焼きは焼きで美味いんですわ。

 

すこし、ブラブラしたんですが、特にやることも無いので、

帰路につきます。

小浜という町は、鯖街道の最初だと言うのに、何故かさびれてる。

もっとやり方によっては、観光地として大きく発展できるのになぁと

老婆心ながら考えてました。

香住なんて、冬のカニだけであそこまで発展させたんだから…

 

高速で『しゅっ』と帰っても面白くないので、

27号線を舞鶴方向へ向かいます。

 

toretore.org

この、とれとれセンターまで走ってみました。

 

中に入って色々見ました。

若干、お高め?かな(笑)

でも、この大きな施設で、なんでも揃うとなればありでしょう。

土日の混雑ぶりが目に浮かびます。

 

クーラーボックスもないし、早々に後にします。

 

そして、二つ目の目的地である温泉へ(笑)

 

yume-konda.com

 

いつもながら、良いお湯でございます。

男湯、女湯共に外風呂2つ

内湯はかけ流しで3種の温度設定があります。

 

 

 

何故かフロント横に鯖寿司が売ってたので、何かの縁かと購入(笑)

 

ネムネムで運転…

無事帰宅…

鯖寿司食して…鯖アレルギーになりませんように…(笑)

 

さて、もう12月に入ります。

次は、坂越に牡蠣を買いに行くシーズンです!

 

 

九州への旅 其の拾 門司・新門司そして神戸へ 阪九フェリー旅最終

別府市場を後にして、一路、新門司の阪九フェリーターミナル方面へ

あぁ、この旅も、もう終わりかぁ…と感慨にふける暇はありません。

 

時間があれば見たかった、九州と本州の境目

門司へ立ち寄ることにしました。

 

11月の中旬なんで、この時間なら、すでに真っ暗

下関の夜景がきれいに見えます。

 

f:id:trinity_2020:20201201140254j:plain

下関の夜景

海峡ゆめタワーですか?

山口県って、あまり足を踏み入れたことが無いんですが、秋芳洞とか

行ってみたいと思ってます。

 

お土産屋さんとかも、門司にはいっぱいあるんですが、残念ながら

時間切れです。

次回、また阪九フェリーさんに乗ることがあれば、是非ゆっくりしてみたい。

 

そうこうしながら、新門司のFTへ到着です。

 

f:id:trinity_2020:20201201140621j:plain

中国をイメージさせる建物です

行きと同じく、同乗者は徒歩で乗り込み、運転手だけが車で乗り込みます。

復路もロイヤルルームに乗船させてもらいました。

 

実は面白かったのが、往路は左舷(四国側)

復路は右舷側(四国側)だったのですが、部屋の作りが逆で(笑)

そら、当然ではありますが、同じ部屋なのに、ちょっと変な感じ。

 

あと、往路はふねこクッキーだったのが、復路はウェハスの硬いやつ?

名前が分からんのですが、になってました。

味は、復路の勝ちです(笑)

 

f:id:trinity_2020:20201201141331j:plain

船と猫でふっねこ♪

 

勝手知ったる豪華ロイヤルルーム…

 

ロイヤルルームの詳細は

往路の記事でシッカリ書いてますので、そちらをご覧ください。

 

trinity2020.hatenablog.com

 

のんびり12時間半の旅です。

 

ただ、金曜の晩なので、思ったより人が多い。

共有スペースは、そうでもないんですが、風呂がなかなか入れません。

シャワーはいつでも入れるんですが、湯船に、いや露天風呂に入りたい。

 

結構最終の時間にやっと入浴できました。

 

f:id:trinity_2020:20201201142232j:plain

飛行機にもあるけど、これ好きです



明石大橋あたりで、日の出となりました。

部屋から出ずに、この日の出を見られるのは、ロイヤルルームの特権です。

 

f:id:trinity_2020:20201201142354j:plain

晴れててよかった

 

もう明石まで帰ってきてしもーた…。

 

僕は土曜日が仕事なので、あさ8時半に六甲アイランドに到着した後

仕事に行けるので、ほんとこのフェリーは重宝しました。

 

さて、朝ごはんの時間です。

 

f:id:trinity_2020:20201201142823j:plain

船内で朝焼き上げるメロンパン

うましっ

ふわふわでメロンパン好きの私に、ドストライク。

 

あぁ、着いちゃう…

f:id:trinity_2020:20201201143156j:plain

この廊下を歩いて帰ろう

 

さて、GoToトラベルで割安で行けた九州への

阪九フェリーさんロイヤルルームの旅

その拾で終了となります。

 

この部屋に普通に泊まれる経済力が欲しい…。

 

でも、この4日間、毎日新しい発見と、素晴らしい天気に恵まれた

良い旅行でした。

また行くぜ、九州。

また乗るぜ、ロイヤルルーム!

 

九州への旅 其の九 別府温泉

もう、帰ってきてしばらく経つんですが、

いまだに書き続けると言う暴挙

歳のせいか、既に忘却の彼方の部分もありますが…。

 

さて、湯布院から地道を走ること

20㎞ 45分程度

別府に到着です。

 

別府では

地獄めぐり

明礬温泉

別府駅商店街

が目的になってます。

 

まずは

地獄めぐり ←クリッククリック

地獄温泉組合に入っている地獄…地獄に組合が(笑)

は全部で7つあったかな?

共通パスポートが2000円で売られています(2020年11月)

一つの地獄が700円ぐらいですので、3地獄回れば、お買い得。

さらに、チケットサイトだと、なんと半額の1000円で購入できちゃう。

ただ、もう面倒が先に立つのと、たぶん2地獄ぐらいしか見ないだろうと

通常の入地獄価格でお支払いさせて頂きました。

 

1地獄目は

血の池地獄

文字通り、赤いお湯の(血)の地獄です。

・・・

・・・・

・・・・・

写真が無い…

何処かにあるはずなんだけど、見つからない(汗)

ま、またアップしますね。

因みに、酸化鉄、酸化マグネシウムの多いこの地獄は

その成分から、軟膏を作って昔から親しまれているそうです。

まぁ、神戸市民としては、有馬温泉があるので、少し見慣れていると言うか…。

 

で、先を急いで次の地獄へ向かいます

海地獄

文字通り、青いお湯(海)の地獄です。

f:id:trinity_2020:20201201114731j:plain

海地獄

熱さと良い、温泉の噴出している音と良い

なかなか地獄っぽい(笑)

 

比較的大きな施設で、熱帯の蓮池があったりと、非常に綺麗な地獄です。

なにより、お土産の館が充実しております!

この2地獄なら、こちらでお土産を買われるのをお勧めします!

 

因みに、お土産で好評だったのがこれ

 

www.zabieru.com

 

ざびえるなんですよね。

自分用に買っときゃよかったよ。

 

さぁ、次なる目的地へゴーでございます。

 

 

明礬温泉

こちらにお邪魔しました。

 

yuno-hana.jp

 

何はともあれ、露天風呂に

 

f:id:trinity_2020:20201201115711j:plain

中は撮れないので

公式HPをご覧いただけると、気持ちよさが分かっていただけるかと。

 

11月の平日のお昼間なんで、基本的に一人でした…。

すこし、寂しかったですけど、関西では少ない硫黄泉です。

若干、卵の腐ったにおいもしますが、これまた温泉情緒を刺激します。

 

実は後でわかったんですが、ある程度シャワーで流してから出ないと

体と服から硫黄臭が出てきます。

別府あたりでは気になりませんが、離れるとある意味体から腐敗臭が(笑)

 

その後、温泉を後にして、これまたメインで考えておりました

岡本屋さんの地獄蒸しプリン

いや、この旅でどれほど甘味類を食べているのでしょうかね?

でもね、これ食べるべき

 

f:id:trinity_2020:20201201121503j:plain

地獄蒸しプリン

www.jigoku-prin.com

プリン自体も旨いんですが、かかっているカラメルソースが

GOODです

苦みが効いてて、大人のプリン

 

一つ注意事項が…

駐車場がかなり狭いです。

レンタカーとかで、小さい車格の車なら良いんですが、

少し大きめとか、ワンボックスとかの車だと、すこし窮屈な駐車場です。

 

さて、そしたら別府駅市場へ行きましょう

 

f:id:trinity_2020:20201201121541j:plain

別府駅市場

 

古き良き商店街です。

どこもそうでしょうが

古き良き商店街=さびれてきてる

と言う図式はやむをえません。

 

近かったら頻繁に来るんですけど

何ぶん、630㎞ほどありますので…。

 

多分、色々話をすれば、楽しい商店街なんでしょうが、

時間の都合から、練り物と巻きずしを購入して

コインパーキングへ戻りました。

 

帰りの船で食しましたが、マジで安くて美味い。

ほんと、近かったらまた来てます。

絶対。

 

 

さて、そろそろ良い時間になってきました。

帰りの阪九フェリーさんは、金曜日の晩ですので

20:00出港となります。

 

新門司へ向かいましょう。

九州への旅 其の八 湯布院へ

さて、朝ごはんを頂いた後、とりあえず九州屈指の温泉地

湯布院

を目指します。

 

高速を使って40㎞、約一時間の移動になります。

 

前日も思いましたが、九州ってやっぱり山のかたちが

 

変!

 

多分、住んでる人は思わないんだろうけど、見慣れない山々が続きます。

 

そうこうしてるうちに、湯布院到着…。

 

で、お土産物屋さん街道に足を運んだのですが、

電子クーポン使えないんですよね~

 

ま、Gotoの話は置いといて…。

やっぱり、観光地過ぎる感があるかなぁ。

有馬温泉もそうだけど、土産物屋さん乱立しすぎ?

 

もちょっと風情があって欲しいかな。

 

都会の人が求めてるものと、こういう観光地の人が思ってることって

実は一致してないのよね。

きっと、旅行者は【非日常】を求めてるのに、【日常】がそこにあっても

嬉しくはないかもしれない。

 

で、【非日常】を求め、車を走らせると、ありました。

 

f:id:trinity_2020:20201125155751j:plain

狭霧台

 

 

狭霧台

 

ほんとに、綺麗に見えます。

 

そしてここでもソフトクリーム頂きました(当然写真無し)

 

 

ここから、山越えで別府に向かいます。

 

湯布院、さら~っと流します。

別部で入りたい温泉があるもんで…。

 

 

九州への旅 其の七 浮羽別館 新紫陽 宿泊記

 

大観峰を後にして、素晴らしい景色の中

本日のお宿、浮羽別館 新紫陽さんへ向かいます。

 

41㎞ 1時間半

 

の道のりです。

 

途中、杖立温泉を抜け、杖立川のほとりを走り、梅林湖を左に見ながらの

ドライブです。

景色が素晴らしいのですが、道が狭いので、余所見は注意です。

 

そうこうしている内に到着です。

 

www.ukiha.co.jp

 

車いっぱい止まってます。

17時半過ぎの到着は、明らかに出遅れ感満載(笑)

 

館内の案内と夕食の時間を聞かれます。

 

『18時、19時とかありますが…』

『最終は何時からですか?』

『20時が最終になります……』

と、歯切れの悪い返事が返ってきます。

 

部屋に入らしてもらって、相方と相談。

『20時からって言ったとき、反応悪かったなぁ』

『おそなるからちゃう?はよ帰りたいやろし』

『19時にかえてもらおか?』

『そやな…』

 

んじゃ、とりあえずお風呂へ。

 

f:id:trinity_2020:20201117144649j:plain

内湯

f:id:trinity_2020:20201117144710j:plain

露天風呂

 

あと、1階からさらに階段を降りると、もう一つ露天風呂があるそうです。

段数にして80段😴無理はやめましょう…。

 

部屋からの景色は玖珠川を臨む風情のある景色

f:id:trinity_2020:20201117155438j:plain

川の流れも清らかです

そうこうしている内に19時となり、食事の時間です。

 

f:id:trinity_2020:20201117160018j:plain

全体像

f:id:trinity_2020:20201117160154j:plain

拡大像

お椀を開けて取ってないところが、こういうブログ初めての人の証拠…

 

お刺身

小鉢

焚物

馬刺し

 

火をつけて食べる物が4つありました

しゃぶしゃぶ

味噌仕立ての鍋物(山芋のつみれ後入れ)

土瓶蒸し

炊き込みご飯

 

この画像以外に、

天婦羅盛り合わせ

ヤマメの塩焼き

茶碗蒸し

 

と盛りだくさん。

 

必死

 

仲居さん、話しかけないでね。お腹が一杯になるから…。

 

そして、何とか完食

 

デザートの黒蜜のせた杏仁豆腐も美味しかった。

 

 

 

相方は炊き込みご飯は手を付けられず、おにぎりにして頂きました。

 

(当日の夜には食べれませんでした…。)

 

も一回お風呂を頂いて就寝…😴😴😴

 

船の移動の疲れと、今日一日の移動の疲れで爆睡

 

翌朝、朝の景色が綺麗だったと相方からの報告有

 

 

ここは旅館の為、当然朝食が用意されています。

f:id:trinity_2020:20201117164905j:plain

盛りだくさん

これに、蒸し豆腐が付きました。

お腹一杯の様な気がしたんですが、お腹一杯でも食べれるのが

旅行中の朝ごはんと言ったところでしょうか?

 

さて、ご飯も食べて、お風呂ももう一回頂いて

湯布院から別府への移動に備えます。

 

急に予約したことを考えても、いいお宿ででした。

 

何度も言いますが、共通クーポン使わないと…

 

別館 新紫陽